塗替え工事標準仕様について。

塗装を施す場所は、

外壁・屋根・軒裏・破風板・鼻隠し・戸袋・鏡板・雨戸・樋・扉・金属枠・木枠・など

種類や形状はさまざまです。

塗装を施す塗装材料は、

下塗材や中塗材、上塗り材の別があり、

防水型や撥水型、親水型などの別もあり、

2年〜3年程度の対応年数のものから、10年以上の対応年数のものもあり、

種類も水生エマルション塗料・水溶性塗料・非水エマルション塗料・溶剤系塗料・アクリル樹脂塗料・シリコン樹脂塗料・ウレタン樹脂塗料・光触媒塗料・フッ素樹脂塗料・合成樹脂調合ペイント・油性調合ペイント・湿気反応型塗料・無機塗料・有機系塗料などがあり、

種類や用途はさまざまです。

塗装を施す工程は

足場工程・垂直養生工程をはじめ
工種ごとに、一般養生工程・バイオ洗剤工程・水洗い工程・下地処理工程・下塗工程(1回〜3回程度)・中塗工程(0回〜3回程度)・上塗工程(1回〜3回程度)などがあり

さまざまです。

また、塗替え工事は新築の時の塗装と違ってかなりの下地調整(補修工程)が必要となりますので、標準仕様はメーカー指定の下地調整やそれ以上の仕様となります。

塗装仕様においての標準仕様はメーカー指定の塗り回数や塗布量を守ったものとなります。

仕上げ材の別(ウレタン樹脂塗料・シリコン樹脂塗料・フッ素樹脂塗料など)
によっても下地調整や塗り回数、塗布量が違いますのでその点の理解が必要です。。

ブラウザの閉じるボタンで閉じてください。       トップページ表示